学校生活

カテゴリ:報告事項

陸上部 大会報告

 5月10日(金)~12日(日)まで雲雀ヶ原陸上競技場にて第65回福島県高等学校体育大会 陸上競技 相双地区予選会に参加しました。大会結果は以下の通りです。

学校対校
 ○男子総合 3位 男子トラック競技4位 男子フィールド競技3位
 ○女子総合 6位 女子トラック競技6位 女子フィールド競技5位
 
○男子
 ・100m4位 只野晃章 6位 瀧澤玲苑
 ・200m5位 瀧澤玲苑
 ・400m5位 瀧澤玲苑
 ・800m1位 酒井龍聖 大会新記録
 ・1500m1位 酒井龍聖 
 ・110mH3位 横村玲 4位 青田海生
 ・走高跳1位 横村玲 3位 新妻幹人 
 ・走幅跳3位 青田海生
 ・円盤投3位 青田海生 5位 児玉麗希
 ・ハンマー投2位 東田翔
 ・やり投1位 酒井龍聖 5位 只野晃章
 ・4×100mR2位
 ・4×400mR1位
 ・1年3000m1位 新妻幹人


○女子
 ・1500m3位 泉沢 舞 大会新記録
 ・3000m3位 泉沢 舞
 ・円盤投4位 遠藤美紅
 ・ハンマー投2位 遠藤美紅
 ・やり投3位 遠藤美紅

 

 当日、応援に来ていただきました保護者の皆様やOB・OGの皆様ありがとうございました。5月24日(金)から郡山市の開成山陸上競技場にて行われる県大会で、1人でも多く上位大会へ出場できるように練習に取り組んでいきます。

第65回福島県高等学校体育大会バスケットボール競技相双地区予選大会報告

第65回福島県高等学校総合体育大会バスケットボール競技地区予選会

 日 時 : 令和元年5月11日(土)~12日(日)
 場 所 : 新地町総合体育館
 結 果 : 以下の通り
<男子>
 4戦3勝1敗 第2位(県大会出場)
<女子>
 3戦3勝0敗 第1位(県大会出場)

 男子バスケットボール部は相馬東高校に惜敗しましたが、相双地区第2代表として県大会の出場権を得ることができました。今回の悔しさを糧に日々の練習に励み、県大会に向けて精進していきたいと思います。
 女子バスケットボール部創部3年目にして、初めての地区大会3勝、そして初優勝を勝ち取ることができました(旧小高商業時代、『平成』での高校総体地区大会の優勝はなし)。これまでの練習の成果が実り、今回の結果に結びつけることができました。優勝を決めた生徒らの表情は最高に輝いておりました。

 6月7日(金)~10日(月) に須賀川市で開催されます県大会では相双地区の代表として男女ともベストを尽くし、上位進出を目指して、全力で戦って参ります。
 当日、会場で御声援を賜りました保護者の皆様、OB・OGの皆様をはじめ、関係の皆様に改めて御礼申し上げます。今後とも温かい御声援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

電子制御コース「コンピュータアイディアコンテスト」

産業革新科(工業科)電子制御コースの授業の様子を紹介します。

電子制御コースでは、「物を動かす(制御する)」ことを学習していきます。

今回は「課題研究」という授業について紹介します。

課題研究は、自らが課題を設定し取り組む授業です。週3時間の時間があり、製作や研究、資格取得など幅広い分野での取り組みが可能です。現在の三年生は、5班編成で全ての班が製作に取り組んでいます。

11月9日に平工業高校でCIC(コンピュータアイディアコンテスト)が開催されました。内容としては、マイコンカーラリー競技とアイディア部門の二つになります。

マイコンカーラリーは、本科のマイコンカー実習(こちらをクリック)のように、線の上をなぞって走行するマシンを製作し、タイムを競うものです。

アイディア部門は、コンピュータを使用した作品を紹介するものです。

 

電子制御コースでは、「電動スケートボードのリメイク」を展示しました。

これは、電動スケボーをスマートフォンなどで無線コントロールするものです。ボードは新しく作り直し、モーターを制御する部分も新しく製作した作品となります。

これから1ヶ月で本体に組み込み、12月の校内発表会に間に合わせてくれればとヒヤヒヤしています。

 

また、授業で学習しているRTミドルウェアを使用した制御へ拡張できるように研究しているようです。次の動画は、授業で使用している制御カーです。

ものを動かすことはとても手間がかかります。

しかし、小さな部分をつなぎ合わせていけば目的を達成するモノを作り上げることができます。結果を焦らず、コツコツと取り組むことが大事だと考えます。(科長)

一応、ご褒美ももらえました。

 <電子制御コースのその他の記事はこちらをクリックしてください鉛筆

 

 

陸上部 第73回国民体育大会 結果報告

 10月5日(金)~9日(火)まで福井県営陸上競技場(9.98スタジアム)にて第73回国民体育大会に3年生の児玉綺粋が福島県代表として参加してきました。結果は下記の通りです。

○少年男子共通走高跳

 第13位 記録2m00

 初めての全国大会で戸惑いもあったかと思いますが自己ベスト記録まであと1cmにせまる記録を出すことができました。応援していただいた皆様ありがとうございました。

※詳しい結果は下記サイトを参考にしてください。

 第73回国民体育大会 陸上競技 ~福井しあわせ元気国体~ 少年男子共通走高跳 決勝

野球部 大会結果報告

大会名:第70回秋季東北地区高等学校野球 福島県大会

日時:平成30年9月14日~9月24日

会場:あづま球場、ヨーク開成山スタジアム、白河グリーンスタジアム

結果:第2回戦 対磐城  3-7 敗退

 相双地区第一代表として県大会へ出場しました。序盤はリードするも、終盤にミスが続いてしまい結果3-7で負けてしまいました。しかし、今大会で得たものは沢山あると感じております。この経験を活かし来年度の大会では上位進出できるよう頑張ります。

 今大会球場に足をお運び頂いた地域の皆様、保護者の方々、先生方、誠にありがとうございました。

電子制御コース3年生(実習風景)ロボット制御

産業革新科(工業科)電子制御コースの授業の様子を紹介します。

電子制御コースでは、「物を動かす(制御する)」ことを学習していきます。

荷物(ワーク)を単純移動

本日から、産業用ロボットの実習を始めました。

原町の仮設実習等から移動してきて、ようやく本格的な実習環境が整ってきました。

三年生には「お待たせしました、ごめんなさい」と言いたいところです。

遅くなりましたが、いよいよ産業用ロボット実習のスタートです。

実習に使用している産業用ロボットは、実際に工場で使用されているもので、本格的な実習を行うことができます。

授業と並行して学習しますが、まずは、基本からスタートです。

手始めに、ロボットに作業をさせるためのハンドの位置(ポジション)を教えていきます。

このポジションがずれていると正確な動作ができませんし、作業エリアのものを破損してしまうことになります。

このポジションを使用して、ロボットの動きをプログラムしていきます。

「①番に移動、ハンドを閉じる、②に移動、ハンドを開く」これで、単純にですが①から②へ荷物を移動することになります。

様々な条件を組み合わせていくと、複雑な連続的な動きをプログラミングすることができます。

   

プログラム用のソフトには、シミュレーションモードがあり、ロボットに接続しなくても、画面上でロボットの動きを確認することができます。また、モニターモードでは、実際のロボットの動きを確認することができます。

次回は、ロボットの連続した動作をご紹介します。

ロボットに作業を教えるのは大変手間がかかります。人間ってすごいと思う今日この頃です。(科長)

<電子制御コースのその他の記事はこちらをクリックしてください鉛筆

陸上部 新人戦県大会 結果報告

 9月8日(土)~10日(月)までいわき陸上競技場にて第58回福島県高等学校新人体育大会に参加してきました。主な大会結果は以下の通りです。

○女子
 ・1500m12位 泉沢 舞
 ・3000m16位 泉沢 舞
 ・ハンマー投9位 遠藤美紅

 当日、応援に来ていただきました保護者の皆様やOB・OGの皆様ありがとうございました。1、2年生はシーズン最後の試合である秋季記録会にむけて頑張っていきます。これからもよろしくお願いします。

※その他の結果は下記サイトを参考にしてください。

 福島陸上競技協会

陸上部 東北総体 結果報告

 8月25日(土)~26日(日)まで、ひとめぼれスタジアム宮城にて第45回 東北総合体育大会陸上競技に参加しました。大会結果は以下の通りです。

○男子
 ・走高跳6位 児玉綺粋 記録2m00

 応援していただきありがとうございました。

陸上部 新人戦 地区大会 結果報告

 8月24日(金)~26日(日)まで雲雀ヶ原陸上競技場にて第58回福島県高等学校新人体育大会 陸上競技 相双地区予選会に参加しました。主な大会結果は以下の通りです。

○男子
 ・100m3位 只野晃章
 ・200m3位 瀧澤玲苑

○女子
 ・3000m3位 泉沢 舞
 ・走幅跳2位 稲垣未夢 3位 遠藤美紅
 ・ハンマー投2位 遠藤美紅
 ・4×100mR3位

 当日、応援に来ていただきました保護者の皆様やOB・OGの皆様ありがとうございました。9月7日(金)からいわき陸上競技場にて行われる県大会で、1人でも多く自己最高記録ができるように練習に取り組んでいきます。

ロボット研究部 活動報告

日時:平成30年8月6日(月)

場所:いわき芸術文化交流館アリオス(いわき市)

 第3回廃炉国際フォーラム学生向けセッション

 「第1回若者廃炉フォーラム ~ふくしま こうなったらいいな~」に部員16名が参加しました。

 会場では、磐城高校や福島高専、多賀城高校(宮城)の方々と共に講演を聴き、廃炉に向けたセッションを行うことにより、親睦を深めました。

 講演では、廃炉に向けての企業の取組や研究、ベラルーシ訪問報告など、今後の福島県を考える上で大切なことを学びました。

 セッションでは、今後の課題や希望について、学校の垣根を越えた忌憚のない意見を交換し、有意義な議論ができました。

 今回の活動を通じて、ロボット研究部として取り組める活動を考え、さらに励んでいきたいと思います。今後も応援よろしくおねがいします。

 廃炉フォーラムセッション