学校生活

学校生活

吹奏楽部 相双地区後期音楽学習発表会に出演しました!

1月26日(土)

 今年度最後のイベントである「相双地区後期音楽学習発表会」に、今回も相馬農業高校吹奏楽部と合同バンドを組んで出演してまいりました。

【演奏曲】

1.マイケルジャクソンHITMIX

2.宝島

 少し大人っぽいアレンジの2曲で、落ち着いた演奏が好評でした。自分たちの演奏だけではなく、他校の演奏も聴き合い、さらに今回はプロのピアニストとバイオリニストの方の美しいアンサンブルを聴くことができ、生徒たちも多くのことを学べた1日でした。

 

 途中、バイオリンのワークショップもあり、実際に体験させてもらいました!

 

 当日は、雪の中たくさんの方々にご来場いただき、大変ありがとうございました。

 今年度の行事はこれで終了し、生徒たちは来年度のコンクールや各種イベントに向けてさらに練習に励んでまいります。

 今後とも、小高産業技術高校&相馬農業高校吹奏楽部をよろしくお願いいたします。

吹奏楽部 アンサンブルコンテスト県大会 結果

〇大会名  第46回福島県アンサンブルコンテスト

〇日時   平成31年1月20日(日)

〇場所   いわきアリオス(いわき市)

☆結果      サクソフォーン四重奏『アリオンの琴歌』   銀賞

  県大会出場が決まってからの1か月間、生徒たちはひたむきに練習してまいりました。時には煮詰まることもありましたが、お互いに声を掛け合いコミュニケーションをとりながら練習している姿が印象的でした。

 当日は出演順が1番ということもあり、早朝練習で最終調整をしてステージに臨みました。上位大会には進むことができませんでしたが、非常にレベルの高いチームがたくさんある中で大健闘でした。

 まだまだ課題点が多いですが、今回の練習、そして本番で聴いた他校の演奏をとおし、多くのことを学べたのではないかと思います。

生 徒たちのためにご尽力いただいた方々、そして見守ってくださっていた保護者の方々に感謝申し上げます。

 

 次回は、1月26日(土)10:30~さくらホール(鹿島区)で行われる「相双地区高等学校後期音楽祭」に、相馬農業高校との合同バンドで出演いたします。「マイケルジャクソンメドレー」「宝島」を演奏予定です。

 入場無料となっておりますので、ぜひお越しください。

 これからも、小高産業技術高等学校吹奏楽部の活動を温かく見守っていただければと思います。

大会結果報告 平成30年度福島県高等学校新人体育大会バスケットボール競技

平成30年度福島県高等学校新人体育大会バスケットボール競技

 日 時 : 平成31年1月12日(土)~14日(月)

 場 所 : あづま総合体育館 他

 結 果 : 以下の通り

<男子>

 1回戦 :対 福島成蹊高校   78-60 勝利

 2回戦 :対 郡山北工業高校  60-64 敗退

 3年生が引退し、1・2年生の新チームで臨んだ本大会ですが、なかなかコンディションが整わず難しい大会となってしまいました。初戦の福島成蹊高校には勝利したものの、2回戦の郡山北工業高校戦は接戦の末、敗退となりました。今大会では大会に向けたコンディショニングをはじめ、新チームとして多々課題を見出すことができました。次なる三大大会の高校総体では、今大会の課題を克服し、リベンジを果たすために日々の練習から精進してまいりたいと思います。会場で御声援を賜りました保護者の皆様、OBの皆様をはじめ、関係の皆様に改めて御礼申し上げます。今後とも温かい御声援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

     

<女子>

 1回戦 :対 桜の聖母高校   不戦勝

 2回戦 :対 郡山高校     58-84 敗退

 前回の県高校選手権大会に続き、2回目の県大会出場となった本大会では「1勝」を目標に試合を戦いました。1回戦の対戦相手が棄権し、不戦勝として1回戦を突破することになりました。2回戦は郡山高校相手に後半は互角の戦いを繰り広げるなど、前回大会よりさらに力強くプレーすることができました。まだ県大会「1勝」の目標が達成されたわけではありません。さらなる高みを目指して、日頃の練習から頑張っていきたいと思います。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 

平成30年度 商業科 課題研究発表会

3年生が「課題研究」の授業で研究・学習した成果を発表する「課題研究発表会」(商業科)が12月12日(水)、浮船文化会館にて開催しました。

情報ビジネス科6名、流通ビジネス科5名の計11名が代表者として臨み、3年間商業の学習を通して得た知識や経験を活かした様々な発表を行いました。


本発表会は、来年1月18日(金)に本校会場にて開催される工業・商業全体の課題研究発表会の代表者選考も兼ねており、外部審査員として株式会社小高ワーカーズベースの和田智行様と一般社団法人オムスビの森山貴士様をお招きし計5名の審査員で審査を行いました。


 また、特別発表として、本校が現在取り組んでいるSPHの報告を2学年の生徒が発表しました。


来年度、再来年度の「課題研究」に取り組む1・2年生の良き参考となる素晴らしい発表会でした。

吹奏楽部 アンサンブルコンテスト地区大会 結果

○大会名  第46回福島県アンサンブルコンテスト相双支部大会

○日時   平成30年12月9日(日)

○場所   さくらホール(鹿島区)

☆結果    混合四重奏     『トリプルあいすⅡ』  銀賞

       サクソフォーン四重奏『アリオンの琴歌』   金賞代表

 

生徒たちはこの数ヶ月間様々なイベント出演の傍らで、この日に向けて懸命に練習に励んでまいりました。

難しい編成で挑んだ混合四重奏は、鍵盤楽器と木管の優しいハーモニーが好評で、審査員の方からも「あたたかい音色でした」とお褒めの言葉をいただきました。

サクソフォーン四重奏は、細やかな練習の甲斐あって完成度の高いアンサンブルを披露できたのではないかと思います。その結果、地区代表として県大会出場権をいただくことができました。

結果は二分されてしまいましたが、どちらの編成も「この曲をとおして演奏者として成長していきたい」という思いで練習を重ねてまいりました。

植樹祭、夏のコンクール、秋のイベント出演や今回のアンサンブルコンテストをとおし、生徒たちは技術的にも精神的にも大きく成長できたのではないかと思います。

 

アンサンブルコンテスト県大会は、来年1月20日(日)にいわきアリオスにて行われます。県大会ではさらに良い演奏ができるよう励んでまいります。

そして、1月26日(土)に、さくらホールにて地区の音楽学習発表会があり、今回も相馬農業吹奏楽部と合同で出演いたしますので、お時間のある方はぜひいらしていただければと思います。

 

初雪がうっすらと積もった本番当日、まだ太陽が昇りきっていない早朝にみんなで集合して最後の練習をしました。

さくらホールへ向かう直前に、円陣を組みました。

写真は、「アンコンがんばろう!」という部長のかけ声に、7人が「オー!」と元気に声を出すところです。

少ない人数ですが、こうやってみんなで励まし合いながら活動をしています。

 

今後とも、小高産業技術高校吹奏楽部への温かいご声援をよろしくお願いいたします。

コマ・フェス販売会開催

11月3日(土・祝)10:00~14:00に商業科(情報ビジネス科・流通ビジネス科)の3年生54名が小高商工会浮舟ふれあい広場にて、第2回コマフェス(販売実習)を開催しました。 

 

当日は天候にも恵まれ、第1回を越える約250名のお客様が御来場くださり、盛況となりました。
 御協力くださった学校及び企業関係者各位、御尽力いただいた保護者の皆様・地域住民の皆様、この場をかりて感謝申し上げます。

 次年度もこのような形で販売実習を行いたいと思いますので、その際には是非ともお越しください。

商業研究部PR販売会IN日本橋MIDETTE

 本校の商業研究部の生徒達が、JAふくしま未来の協力をいただき、地元のお米を米粉にした原材料を使って、南相馬市のまちなかひろば様及び株式会社長登屋様とコラボレーションして商品開発を行い、新商品(「こめおとこめこの寄り添いクッキー」)を完成させるに至りました。完成披露及び先輩方がこれまで開発した商品に加え、PR販売会を開催いたします。

 1 場 所 日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ)

       (東京都中央区日本橋室町4-3-16柳屋太洋ビル1F)

 2 日 時 平成30年12月1日(土)11時00分より

               2日(日)11時00分より

 

※なお、この活動は「子どもがふみだす復興事業」協賛のもと行っています。

 また、東京でのテストマーケティングを経て、12月9日(日)に大地様 (イオンスーパーセンター南相馬内)及びセデッテ鹿島(常磐道サービスエリア)でPR販売会を行います。並行して道の駅南相馬、まちなかひろば等でも販売いたします。

秋篠宮殿下が御来校されました。

11月6日(火)、世界水族館会議御出席のため、来県された秋篠宮さまが御来校されました。

ロボット研究部が秋篠宮さまに全国高校ロボット競技大会を目指して製作したロボットについて説明したあと、ロボットのリモコン操作を実際に体験していただきました。

アームでメガホンをはさんで、無事所定の場所に運んでいただきましたが、操作の後には、「製作期間はどのくらいですか?」「どうしてこのロボットは横に走行できるのですか?」など、自分たちの製作したロボットに強く関心を持っていただき大変感激した様子でした。生徒たちは温かみあふれるお言葉をいただき、忘れられない思い出となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、校長による商業研究部の開発商品や、学校概要の説明の際に秋篠宮さまは、生徒との歓談前に校長室で召し上がった本校の開発商品である、「幸せの黄色いはーとかぼちゃまんじゅう」を指さし、「非常においしかったです」と笑みがこぼれる御様子をお見せになりました。

秋篠宮さまが本校をお発ちの際には、1、3年生全員(2年生は修学旅行中)でお見送りをするまたとない体験をさせていただきました。小雨が続くあいにくの一日でしたが、ちょうどそのときだけ雨がやみました。秋篠宮さまは、並んでいる生徒に歩み寄り、多くの生徒に声をかけてくださりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、秋篠宮さまに御来校していただき、また恐れ多いお言葉をちょうだいしたことは、本校生徒にとって得がたい経験となりました。

電子制御コース「コンピュータアイディアコンテスト」

産業革新科(工業科)電子制御コースの授業の様子を紹介します。

電子制御コースでは、「物を動かす(制御する)」ことを学習していきます。

今回は「課題研究」という授業について紹介します。

課題研究は、自らが課題を設定し取り組む授業です。週3時間の時間があり、製作や研究、資格取得など幅広い分野での取り組みが可能です。現在の三年生は、5班編成で全ての班が製作に取り組んでいます。

11月9日に平工業高校でCIC(コンピュータアイディアコンテスト)が開催されました。内容としては、マイコンカーラリー競技とアイディア部門の二つになります。

マイコンカーラリーは、本科のマイコンカー実習(こちらをクリック)のように、線の上をなぞって走行するマシンを製作し、タイムを競うものです。

アイディア部門は、コンピュータを使用した作品を紹介するものです。

 

電子制御コースでは、「電動スケートボードのリメイク」を展示しました。

これは、電動スケボーをスマートフォンなどで無線コントロールするものです。ボードは新しく作り直し、モーターを制御する部分も新しく製作した作品となります。

これから1ヶ月で本体に組み込み、12月の校内発表会に間に合わせてくれればとヒヤヒヤしています。

 

また、授業で学習しているRTミドルウェアを使用した制御へ拡張できるように研究しているようです。次の動画は、授業で使用している制御カーです。

ものを動かすことはとても手間がかかります。

しかし、小さな部分をつなぎ合わせていけば目的を達成するモノを作り上げることができます。結果を焦らず、コツコツと取り組むことが大事だと考えます。(科長)

一応、ご褒美ももらえました。

 <電子制御コースのその他の記事はこちらをクリックしてください鉛筆

 

 

吹奏楽部 石神デイサービスにて慰問演奏をさせていただきました!

10月27日(土)

原町区大木戸にある社会福祉法人南相馬福祉会石神デイサービスセンターにて、今年も慰問演奏をさせていただきました。

当日はデイサービスと隣接するグループホームの利用者の方々に集まっていただき、歌ったり手拍子をたたいたりと大盛り上がりでした。

職員の方々も生徒たちの演奏に合わせて踊ってくださり、最後はダブルアンコールまでいただきました。

 

【プログラム】

1.津軽海峡冬景色

2.あまちゃんオープニングテーマ

3.楽器紹介

4.ふるさと

5.ムーンリバー(サックスソロ)

6.東京ブギウギ

アンコール1

  津軽海峡冬景色

アンコール2

  東京ブギウギ

 

利用者の方々、職員の方々に温かく迎え入れていただき、大変感謝申し上げます。

生徒にとっても大変貴重な経験をさせていただきました。

 

次回は11月17日(土)17:00に小高駅前で行われる「あかりのファンタジーイルミネーション in おだか」の点灯式に、セレモニー演奏として出演いたします。

今後とも、小高産業技術高校吹奏楽部をよろしくお願いいたします。